2014年01月19日

意思決定支援ってなんだろう?

入院の目的は退院です。
でも、入院前と暮らしが変わる、入院医療を受けたにもかかわらず、前のように自立した生活ができない。
そんな時、退院支援、おうちへ帰るための準備が必要です。

「在宅療養移行支援」、と私は言います。

だって、入院だけとは限らない、今は外来通院中に、なるべく今のおうちでの暮らしを継続するための在宅療養への移行支援が必要です。


外来患者さんは、在宅療養してるやん!  そうです、本当は「在宅医療移行」と言いたいのですが、医療だけでは暮らしは支えられないからね。

在宅療養移行支援のポイントは二つ。
 1つ目は「受容支援  治癒しない病気、障害を持ってどう生きるか、人生の再構築をして生きるための心の受容  心の移行支援」
 二つ目は、「自立支援 、自分の力を最大限に活用して自立する、自律支援、たとえ人のサポートを受けたとしても、自分で決めて生きる」


病院では、人は、どちらかというと医師に任せて、依存的になります。でも、退院を考える時は、自分が主人公になって向き合っていく。
今、意思決定支援、という言葉が、あちこちで使われています。

病院で、退院調整看護師として働いた最初のころ、「こんなになるとは思っていなかった」という患者さんの言葉を何度も聞きました。
病気の変化、老いによる変化、そして医療そのものによる変化もあります。


「誰のことでもない、私のことなんだから、キチンと私に説明してほしい」と、震える言葉で訴えた患者さんがいました。
病院は、人を依存的にします、自立性を低下させます。

でも、私達看護師が、患者さんのそばに座り、「先生からのお話、つらかったですね、これからのこと、一緒に考えていきましょうね。そばにいますからね」と
語り始める事で、前を向く患者さんに出会う事ができます。


外来〜入院〜退院までのプロセス、そして退院後のプロセスで、意思決定支援について、もう一度考えてみよう。

   26.1   京都のオフィスで・・・

posted by 宇都宮宏子オフィス at 20:54| 宏子のつぶやき

2013年12月30日

2013年 「おうちへ帰ろう」を合言葉に、全国回りました!

在宅療養への移行支援には、地域による特性や課題があります。
看護協会主催の退院支援研修や、行政単位での「在宅療養推進事業」としての研修会、医療機関からは、現状を踏まえて講演や
病棟・外来のリンクナースへの教育プログラム・・等々、いろんな形で依頼をいただき、充実した1年でした。
 
東京都在宅療養推進協議会の子供部会として「退院支援検討委員会」を立ち上げて頂き、新田先生から、部会長を任命され、期待にこたえられるか、

緊張しながら企画・運営してきました。いよいよマニュアル作成まで、あと一歩のところまで来ました。
 
医療機関にも、継続して看護部研修やシステム構築に関わらせて頂く事も増えてきています。
看護管理者の方たちと「こんな看護がしたいね」と思いを語りながら、一緒に取り組ませて頂けることに感謝です。
 
入院は通過点、あくまでも地域で暮らしていた生活者として、そこへ患者を帰そう、、そのためには入院する前の地域での暮らしを知る事です。

在宅ケアチームと、どのタイミングで、どうつながるのか・・・地域との早期協働を実現する事ですね。
 
外来通院中から「在宅療養を安定させるための医療・看護マネジメント」の重要さも多くの医療機関で、気づき「外来看護」として取り組み始めています。
 
2014年は、いくつかの学会から「意思決定支援」というテーマでの依頼が多く入っています。

アドバンス・ケア・プランニング、出会いを早くする事の意味を、伝えてきたからかな・・・
 
嬉しいかな、すでに土曜日はほぼ埋まってしまいました。来年は小規模の研修や事例検討をベースに活動する事も考えています。
 
「患者さんの笑顔に出会うために」   みなさんの地域でまたお会いしましょう。
 
宇都宮宏子

posted by 宇都宮宏子オフィス at 19:05| 宏子のつぶやき

2013年11月04日

HP更新できなくてごめんなさい!

早いもので、25年も11月です。
病院から在宅(生活の場)への移行支援をどのように進めていく事が、患者さん、地域に暮らす方にとって幸せにつながるのか、
多くの医療機関の看護師たちが、動き始めています。
目指す事は「退院すること」ではなく、患者さんの望む暮らしにつなぐこと、患者さん自身が前を向いて生きる事を決め、生活の再構築をすることを支えることです。

 
多くの病院のアドバイザーとして関わる中、診療録、患者さんのカルテの工夫が必要だと思います。
患者さんが、決めていく上で、最初に必要な事は、「医師からの病状説明、今後の予測に基づいた生活のイメージをする事」です。
医師の教育の問題もあるのか、「IC内容の記録」がない、どこに記載してあるのかわからない、
退院支援の場面で、外来や入院中の記録を、あちこち探して、その時の看護記録とも照らし合わせて「患者さんのその時の様子、思い」を考える作業が必要です。

 
患者の基本情報、いわゆる住所や保険情報などと同様に「患者への説明内容・受け止め・今後についてどのように考えておられるか」といった『意思決定支援』に
関わる内容を、いつでも、見れるように工夫していかないとダメだなと考えています。
 
がん患者だけではなく、難病の方、高齢者の方でも、事前に患者の思いや願いを聞いていく事で、本人が意思表示できない時に、「患者さんの最善を考える」上での重要な情報になると思います。

もちろん人の考えも変わるし、揺れるのは当然です。
定期的なフォローもしつつ、医療現場だからこそ、患者さんへの「アドバンス・ケア・プランニング」が提供できる場面になるのではないでしょうか?


宇都宮宏子    11月4日 秋の京都  少しづつ色づいてきましたよ!

posted by 宇都宮宏子オフィス at 09:12| 宏子のつぶやき