2016年04月10日

2016年、病院へのアドバーザー活動も頑張ります!

2002年、京大で取り組み始め、退院支援、在宅療養移行支援、普及していくために、看護雑誌や、書籍でたくさん公開してきた。
報酬評価のための研究にも関わらせて頂いた。

診療報酬の影響もあり、「退院支援看護師」を配置して、MSWとの協働で動きだした病院も増えた。


ただ、患者さん主語ではない、「ベッドを空けるための調整」や「在宅支援チーム」からの評価が必ずしもよくない退院調整も存在している。

なんとかせなアカン!、、独立起業した一つの理由。

取り組みの成果が出てきている地域もある。
今年の報酬評価は、出来ている病院をモデルに目指してほしい姿が、施設基準として出されている。

「退院調整部門」が、すべての入院患者や、外来患者に関わる事は、不可能。
だから、必要な患者さんには、病棟看護師が、「気づき」、チーム全体で支援する事が大事。

それでも、支援なきまま退院していたり、患者の主治医が「家は無理」と決めてしまって、患者・家族が在宅支援チームに
頼みに行く事もある。
地域からの連絡を受けて、「退院調整部門」が、チャンと「コーディネター機能」として機能すれば、解決する。

全国回っていると、「退院支援っていう事を考えてなかった」「退院支援は看護、そのもの、目からうろこでした」と、話してくださる看護管理者も
まだまだいる事に、気づきました。

地域側からのアプローチや、市町村単位での「在宅医療介護連携推進事業」、そして「意思決定を支援するための地域で取り組むACP」
私自身が、次のステップとして、やりたいこともあるけど、今年は、「病院の退院支援」にも、研修会や病院アドバイザーで、支援していこうと、考えています。

スケジュール調整は、必要ですが、もし、「今からですが・・」という看護管理者の方、、MLください。一緒に頑張りましょう。




posted by 宇都宮宏子オフィス at 17:48| アドバイザー事業の活動日記

2016年03月29日

『在宅医療介護連携推進事業』

2012年に、独立起業して、5年目を迎えようとしています。

28年度診療報酬改定は、「院内だけの取り組み」で終わっていた「退院調整加算」から、
大きく、病棟配置をして、入院時から治療期・退院に向けた調整期も含めて、地域と協働し、患者・家族に対する「退院支援」を
提供しなさい!、という厳しい評価になっています。

人がいない、病棟に配置したら、ますます病棟看護師が丸投げになるのではないか?
そのような危惧をしている退院調整部門はいませんか?

ちゃんと、退院支援・退院調整のプロセスを院内に見せてきましたか?

在宅支援チームと一緒に「おうちへ帰ろう」に取り組んできましたか?

配置の条件等、厳しくて、現場からの発信で、再検討してもらいたいこともあります。
でも、まずは、現場で実施可能で、患者にとって必要な支援ができる体制を、追求していきましょう。

4月9日の東京でのセミナーをスタートに、私自身整理していきたいと思います。
次年度も頑張りましょう。

桜が咲き始めた京都から〜

--
在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス

600-8076 

京都市下京区泉正寺町470-1 ARK洛央101

posted by 宇都宮宏子オフィス at 12:03| アドバイザー事業の活動日記

2015年11月01日

京都での活動

FBから

京都府看護協会では、基金事業として「在宅を支える体制整備と相談事業」に取り組んでいます。看護管理8月号(医学書院)にも紹介しています!

 私も関わらせて頂いている一つの事業の報告です。

 山城地区(京都府南部)での「在宅療養地域推進会議」
病院看護管理者・訪問看護所長・介護施設ナース(看護職能U委員)・山城北・南保健師が集まり、「がん患者さんの在宅療養移行」を、5つの病院の事例振り返りを中心に、この地域の特徴も踏まえ、外来・入院時・訪問看護導入時・介護施設との連携等、「分岐点」を意識しながら、地域で共有したいコンセンサスや知識を、みなで議論しています。

6病院からの事例を受け、地域で活用できる「事例から『おうちへ帰ろう』を叶えるヒント集(案)」を作ります。
「看護サマリー」のようなものではなく「在宅療養移行看護連携シート(案)」も作成していこう、
病院〜訪問看護、だけではなく、「介護施設」〜病院  の場面でも使えるもの。
特養とか、介護施設では、びっくりするくらい「医療情報」が少ない。病院とは違うけど、「暮らしを、最期の時までを支えるために必要な医療・看護情報」あるよね。


この地域でよくみられるパターンですが、がんと診断されると、京大・府立、そして医療センターと京都市内でがん治療受けに行く。...
そして、治療の限界が見えると、「もうそろそろ地域で」と、医師からの紹介状1枚持って、地元の外来に患者は来ます。
いろんな思い(くやしさやそれでも残された時間でやりたいこともイメージしつつ)を持って外来受診、でも「頑張ってきましたね、これからは私達があなたの暮らしを、願いをサポートしますよ、一緒に考えていきましょうね」とナースや医師の言葉かけがないまま、外来通院をして、「緊急入院」で最期を迎えています。

「がんと向き合いながら、それでも自分らしさを何とか持ちながら、この町で生ききりたい」をナースとして支える、つなぐために何が必要かを、会議で議論してきました。ナースだけでは乗り越えられない病院医師の問題も見えてきた。
でも、私は、この間の会議を通して、熱く語る仲間になったことが何より嬉しいです。
看護協会の二人の常任理事ががっぷりかかわってくれている事も、大きいなあ、
年度末には府民公開講座も予定しています。ファイト!京都のナース達!


色づき始めた京都から  2015.11


posted by 宇都宮宏子オフィス at 10:01| アドバイザー事業の活動日記