2014年04月13日

2014年 4月12日(土) SSKセミナー in渋谷「退院支援・外来在宅支援」 

新社会システム総合研究所 企画今年で4回目になります。
全国から200名近い方が参加されてました。

退院支援、退院調整の違いを理解して、3段階プロセスに沿って院内の役割分担を考えていく。
外来での在宅療養支援、入院回避をすることで、今のQOLを落とさない。
地域とのネットワーク構築については、全国での活動を紹介しました。

大事なことは、

「後追いの退院調整から、治療と同時に進める退院支援へ」

「在宅療養移行の目指すものは『ベッドコントロールのための収容先探しではない、地域居住の継続(aging in place)である』
地域でその人らしく暮らすために何が必要かを考えようという事。

この二つです。



私の講演は、「追っかけしてます!」なんて言ってくださるナースもいるのですが、まだまだ「目からうろこでした」という反応も多いです。
院長や連携室担当の医師からは、「何とか看護師を中心に進めていきます。
医師の役割もよくわかりました」、と言われて嬉しかったです。



自施設がある地域の訪問看護やケアマネ、地域包括交えて事例振り返りをしましょう。
お互いの強み弱みを知って、「暮らし続ける事の出来る地域へ、そしてその延長線で逝ける地域へ」
私たちも、必ず当事者になります。私が受けたい支援を、私の大事な人が受けたい支援を、地域で作っていこう!



posted by 宇都宮宏子オフィス at 13:01| 講演報告

2014年04月01日

26年度が始まりました!

独立して2年が過ぎました。
都道府県看護協会をはじめ、全国の医療機関や、「在宅医療連携を進めるための事業として行政や医師会、看護系大学から多くの講演会や研修企画
のアドバイザーとしても依頼を頂き、25年はフル活動でした。

東京都在宅療養推進事業の一環で、「退院支援検討部会」を立ち上げ部会長として、「退院支援マニュアル」を作成する事ができました。

4月以降に、東京都のHPで見られるようになります。
ダウンロードして活用する事もできますので、ぜひ現場でドンドン活用してより良いものに発展させてください。

26年度は、講演はじめアドバイザー依頼が早くから頂き、スケジュールが埋まっています。
申し訳ありませんが、27年度計画になっている状況です。



【 都道府県看護協会で伺うところ 】

 山口県・山形県・東京都・秋田県・兵庫県(地区別)・愛知県・広島県・和歌山県(職能集会)・兵庫県(職能)
 鹿児島県・静岡県・島根県・香川県・茨城県・福岡県・福井県・神奈川県・高知県・京都府

 全国看護セミナー:沖縄会場   仙台会場


企業セミナーや、行政からの依頼でも他区にも行きます。
今年は初めて鳥取県にもうかがう事ができそうです(鳥取大)ので、全国制覇できそうです。

地域格差・病院格差もかなり出てきていますので、現場の状況を踏まえて学びを深めたいと思います。

新年度の幕開けです!


   桜満開の京都から・・・・・






posted by 宇都宮宏子オフィス at 18:34| アドバイザー事業の活動日記

2014年01月19日

意思決定支援ってなんだろう?

入院の目的は退院です。
でも、入院前と暮らしが変わる、入院医療を受けたにもかかわらず、前のように自立した生活ができない。
そんな時、退院支援、おうちへ帰るための準備が必要です。

「在宅療養移行支援」、と私は言います。

だって、入院だけとは限らない、今は外来通院中に、なるべく今のおうちでの暮らしを継続するための在宅療養への移行支援が必要です。


外来患者さんは、在宅療養してるやん!  そうです、本当は「在宅医療移行」と言いたいのですが、医療だけでは暮らしは支えられないからね。

在宅療養移行支援のポイントは二つ。
 1つ目は「受容支援  治癒しない病気、障害を持ってどう生きるか、人生の再構築をして生きるための心の受容  心の移行支援」
 二つ目は、「自立支援 、自分の力を最大限に活用して自立する、自律支援、たとえ人のサポートを受けたとしても、自分で決めて生きる」


病院では、人は、どちらかというと医師に任せて、依存的になります。でも、退院を考える時は、自分が主人公になって向き合っていく。
今、意思決定支援、という言葉が、あちこちで使われています。

病院で、退院調整看護師として働いた最初のころ、「こんなになるとは思っていなかった」という患者さんの言葉を何度も聞きました。
病気の変化、老いによる変化、そして医療そのものによる変化もあります。


「誰のことでもない、私のことなんだから、キチンと私に説明してほしい」と、震える言葉で訴えた患者さんがいました。
病院は、人を依存的にします、自立性を低下させます。

でも、私達看護師が、患者さんのそばに座り、「先生からのお話、つらかったですね、これからのこと、一緒に考えていきましょうね。そばにいますからね」と
語り始める事で、前を向く患者さんに出会う事ができます。


外来〜入院〜退院までのプロセス、そして退院後のプロセスで、意思決定支援について、もう一度考えてみよう。

   26.1   京都のオフィスで・・・

posted by 宇都宮宏子オフィス at 20:54| 宏子のつぶやき